[2013.11.16]夜久野のお野菜でピザを作ろう(後半)

夜久野のお野菜でピザを作ろう(後半)

-ピザ作り-

日 時:平成25年11月16日(土)
於 :農匠の郷 夜久野マルシェ

子供たちが自分たちの選んだお野菜でピザを作りました。ピーマンやタマネギ、ジャガイモ、トマト、サツマイモ、たくさんの種類のお野菜が勢揃いしました。エプロンと三角巾をつけて、初めての子供たちはお母さんに教えてもらいながら、日頃お手伝いをしている子供たちは手際よく野菜を切っていました。保護者の方々は少し心配そうに子供たちを見ていましたが、皆さんワイワイ、楽しそうに調理をしていました。
IMG_1613IMG_1615

切り終わった野菜をトッピングすると、野菜のたくさんはいったボリュームたっぷりのピザが完成しました。大人たちが「このピザちゃんと火が通るかなぁ」と少し心配していましたが、子供たちはピザが焼けるまで待ち遠しいといったような様子でした。

IMG_1636IMG_3139子供たちが作ったピザをオーブンまで運び、夜久野マルシェの皆さんと調理を開始しました。「子供たちが自分で選んだお野菜で…」がテーマなので、どのピザがどの家族のものかを間違えないように、お名前を確認しながらピザを焼きました。子供たちが一生懸命作ったピザなので、「おいしく出来るかな」「ちゃんと野菜に火が通るかな」と夜久野マルシェの皆さんと、WECKスタッフもドキドキしながらピザが焼けるのを待ちました。しばらくするとチーズの焼けたいい香りがして、おいしそうなピザが焼きあがりました。それを見たときは私たちも一安心でした。出来上がったピザを見て、参加者の皆さんからは歓声が上がりました。野菜嫌いな子供がたくさんいる中、今日の参加者の子供たちは野菜のたっぷりのったピザをパクパク食べていたので少し驚きました。夜久野のお野菜がおいしいからだと思います。この日はピザのほかに、夜久野のおそばもありました。そちらも大好評でした。

-野菜の大切な働き-

 話し手:栄養士 渋谷れいこさん

IMG_1641「一日に必要な野菜は、一人当たりどのくらいだと思いますか?」
この質問から、栄養士の先生のお話が始まりました。参加者の一人が代表して、自分が一日当たり必要だと思う量の野菜をトレイの上に載せました。その量は300グラム。結構多く感じますが、栄養士の先生によると、一日に必要な野菜の量は、一人当たり400gだそうです。400gの野菜。実際に手にとって見るとすごい量です。5人家族だとこの5倍、6人家族だと6倍・・・。私たちの食卓には本当にこれだけの野菜が並んでいるでしょうか。では何故、私たちの食事にはこんなにたくさんの野菜が必要なのでしょうか。それは野菜にはたくさんの働きがあるからです。まずビタミンCや食物繊維などの栄養の摂取があります。実は野菜の甘みというのはオリゴ糖です。このオリゴ糖は腸内環境を良くしてくれます。また、水分を採るという事も野菜の大事な働きです。野菜にはたくさんの水分が含まれています。私達は直接お水やお茶を飲む事だけではなく、食事からも水分を採る事が出来るのです。それから、もうひとつ大事な事は噛むという事です。特に食物繊維の多い野菜を食べるときは、奥歯を使ってよく磨り潰すことが必要です。この事があごの発達に大きな影響を与えます。あごの発達は言葉の発音にも大きく関わってきます。最近は「ら・り・る・れ・ろ」を上手く発音出来ない子供たちが多くなってきたと言われています。ですから子供たちには、臼歯でしっかり野菜を噛むという事を教えてあげて欲しいと思います。またよく噛むとで、唾液がたくさん出ます。唾液は歯周病の予防をし、お口の中を殺菌してくれます。噛むという事は野菜ジュースでは替えることが出来ない野菜の大事な働きです。ですから子供たちにはぜひ十分な野菜を、小さい頃から採ってほしいと先生は話します。

このように野菜には多くの働きがありますが、野菜を二つに分けると色の濃い野菜と薄い野菜があります。ピーマンやブロッコリー、トマトといったような色の濃い野菜を緑黄色野菜といいます。緑黄色野菜にはビタミンAが多く含まれていますので、これを多く摂取するようにしてください。冬は白菜や大根といった色の薄い野菜が中心になり、緑黄色野菜を採る機会が少なくなりますので、積極的に農匠の郷にいって緑黄色野菜を探してください。緑黄色野菜は、切っても切っても色が濃い野菜です。ですので、茄子の様に外側が濃くても切ると色が薄い野菜は緑黄色野菜ではありません。私達は普段お料理をするときはこういった事も少し思い出しながら、バランスよく野菜を採れる様に気をつけなければいけないと感じました。

その後子供たちにはこの日の思い出を、絵に残してもらいました。今日使ったお野菜、自分の好きなお野菜、今日作ったピザなどを書いてもらいました。たくさんのかわいらしい絵が完成しました。最後は皆さんで、子供たちが描いた絵と一緒に記念撮影をしました。本当に楽しい笑顔のあふれるイベントになってよかったと思います。

IMG_3151

記事・写真:平成25年度 京都式ソーシャルビジネスリーダー育成事業 研修生 杉本智子

This entry was posted in H25京都式ソーシャルビジネスリーダー育成事業. Bookmark the permalink.